ダイエット、アトピー、不妊のことは、徳島県藍住町 漢方薬舗みどり薬店にお任せ下さい


大豆イソフラボン

スタッフのまなです。



今日はイソフラボンのお話です(^_^)


イソフラボンって書いてある商品を見ると、女性なら

とりあえず手に取ってしまいませんか?

私です!



化粧品や食べ物の商品名に入っているので身近に感じられます。

イソフラボンは色々なものにとりいれたいと思うほど、

魅力のある成分です。


しかし!イソフラボンと書いてあっても吸収されるものと

されないものがあるんです。


簡潔に言うと…


吸収されないのがグリコシド型

吸収されるのがアグリコン型

です。


グリコシド型は「糖」がついたままで、体に吸収されにくい形です。

摂取しても、腸内細菌の酵素によって糖をはずし、アグリコン型に

しなければ吸収できません!


一方アグリコン型はあらかじめ「糖」はずれているのですばやく

吸収でき、吸収性がグリコシド型に比べてはるかに高くなります。


食べ物では味噌が他の大豆食品の中でもアグリコン比率が

高くなりますよ(*^_^*)


ちなみに、大豆イソフラボンの含有量は、アグリコン量を表示

することで統一されています。

グリコシド型の場合はアグリコン型に換算し含有量を表示します。


例えば


大豆イソフラボン:10mg

(大豆イソフラボンアグリコン:として6.25mg)


↑このような場合、配合されている大豆イソフラボンが

「アグリコン型」であると誤解されがちですが

あくまで換算値であり、アグリコン型ではなく

グリコシド型として配合されていることになります。


要注意です(^_^;)



次回はイソフラボンの働きについて

書きたいとおもいます(*^_^*)







2014/06/05 12:45:43


 

<< アグリコン型 大豆イソフラ... ブログデビュー! >>

 

 

東洋医学で、あなたの不調を総合的に考え、身近な健康やお薬のプロとして「病気にならない身体づくり」のお手伝いを町のくすり屋だからこそできると考えています。

あなたのカラダの自分で治ろうとする力(自然治癒力)を最大限に発揮するために、当店ではメーカーやマスコミ品にこだわらず自分の子供や家族にも安心で、あなた様の体質や生活スタイルをカウンセリングし一人一人にあったお薬を選ぶ相談専門のくすり屋です。

ご相談は全て無料です。お一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

より健康に美しく

 

病名別

 

症状別

 

体験者インタビュー

みどり薬店の新常識ダイエットを体験された方にインタビューしました 詳しく見る

体験者インタビュー

みどり薬店の新常識ダイエットを体験された方にインタビューしました 詳しく見る

講演会・上映会

みどり薬店主催 イベントを行いました。胎内記憶の第一人者池川明先生の講演会&映画「うまれる」上映会開催いたしました詳しく見る

萩原流行さん来店

取材のインタビューで萩原流行さんがいらっしゃいました 詳しく見る

 

みどり薬店ブログ

 

その他コンテンツ